ハワイの結婚式 カンペキガイド » ハワイ婚を成功させるための基礎知識 » なんでもQ&A

なんでもQ&A

ハワイで憧れのウェディングがしたい!でも、疑問がいっぱいでちょっと不安…。ハワイ婚はどこに申し込めばいいの?英語が話せないとやっぱりダメ?ゲストはどのくらい呼ぶの?

ここでは、花嫁が知りたいハワイ婚に関するアレコレをQ&A方式で紹介。不安や迷いは全部解消して、憧れていた理想のウェディングを手に入れて!

ハワイ挙式なんでもQ&A

ハワイ挙式が選ばれる理由は?

海外ウェディングのなかでも人気のハワイ。多くの花嫁がハワイ挙式を選ぶ理由はさまざまです。

「堅苦しい式は嫌だったから」など、“結婚式をごく親しい人とだけで自由にやりたかった”というもの。
また、「自分たちがハワイに行ってみたかった」「両親にハワイ旅行をプレゼントしたかった」など、“念願のハワイに行くのにちょうどいい機会だったから“という理由でハワイ挙式を選ぶ花嫁も。挙式のあとにそのままハネムーンも兼ねるカップルも多く、観光地としてのハワイも魅力的です。

ハワイ挙式では美しい自然のロケーションを満喫でき、厳選したゲストとアットホームな式ができる。そのうえハネムーンも併せておこなえるメリットの多さが、ハワイ挙式が選ばれる理由といえるでしょう。

ハワイ挙式の費用はどのくらい?

ハワイ婚では、挙式費用と旅費をあわせて130万円~280万円くらい。挙式オプションをつけたりゲストの旅費を負担する場合には、この金額に更にプラスして。一般的に、挙式にハネムーンをつけた5泊7日のハワイ婚での費用は、ゲストの旅費負担を加味すると350万円ほどといわれています。

ハワイ挙式がしたい!どこに申し込めばいいの?

ハワイ挙式を扱っているのは、挙式プロデュース会社や旅行会社など。国内のカウンターを通して挙式を申し込み、あらかじめ現地に行く必要はないので安心して。

式の内容にこだわりたい花嫁は挙式プロデュース会社、どちらかというと旅行重視の花嫁は旅行会社を選ぶのがおすすめです。

ハワイ挙式は英語が話せないとダメ?

全く問題ナシ!挙式の打ち合わせは国内でおこなううえ、現地スタッフは「日本人」あるいは「日本語が話せる」スタッフがいることがほとんど。
日本人観光客が一年中訪れるハワイだから、ハネムーンの観光でもそれほど不自由することはありません。

ハワイ挙式をするのにおすすめの時期は?

おすすめは4~7月!とくに5月末~6月がおすすめ。ハワイにおける「乾季」にあたり、常夏のハワイを楽しめるうえ、旅費も安い時期。ゴールデンウィークなどの長期休暇は旅費が高くなるので避けた方がベター。

先輩花嫁たちのハワイ挙式のピークは、9~10月。連休など、ゲストにとって参列しやすいことが理由のひとつです。

10~3月頃の「雨季」は雨が降りがちなものの、一日中降っていることはあまりなく、旅費も安め。雨季のハワイ挙式は、費用を抑えたい花嫁におすすめです。

ハワイ挙式で「雨季」は避けた方がいいの?

ハワイの雨季は10~3月頃。平均気温は25℃くらいと過ごしやすい気候です。気になる雨も降水量は少なく、一日中降ることはほとんどありません。日本の梅雨とは異なりにわか雨のような降り方をするため、雨上がりには「虹」が見えることも!

乾季のハワイ挙式では晴れ晴れとした常夏のハワイを楽しめますが、長期休暇のタイミングを避ければ旅費も抑えられる雨季のハワイ挙式もおすすめ。

ハワイ挙式はいつまでに申し込めばいい?

一般的に海外挙式の申し込みが多い時期は、挙式から7か月前くらい。1年前~半年前に申し込みをするカップルが多いよう。

ハワイ婚では人気の教会やチャペルはすぐに予約で埋まってしまうことも。第一希望の式場でウェディングをおこなうためにも、挙式から1年前~、最低でも半年前には申し込みができるように準備しておいて。

ハワイ挙式にゲストはどのくらい呼ぶ?家族だけでもOK?

挙式会場の収容人数にもよりますが、基本的に自由に呼んでOK。先輩花嫁たちのゲストの人数は平均10人程度だそう。新郎新婦の両親や親族、ごく親しい友人だけを呼ぶスタイルが多く、家族だけのアットホームな家族婚も人気ですよ。

ハワイ挙式でゲストの旅費はどうするべき?

ハワイ挙式でゲストの旅費を負担するかしないかは、新郎新婦の自由。ハワイ挙式のゲストの旅費は、少なくともひとり10万円以上かかるため、すべてを新郎新婦が負担するのは予算的にキビしいことも。

ゲストの旅費は「新郎新婦が全額負担する」「一部負担する」「すべてゲストの自己負担にする」のいずれか。アンケートによると、先輩花嫁たちは、ゲストに旅費の全額あるいは一部を負担してもらっていることが多いようです。

  • 全額負担した:8.1%
  • 一部負担した:36.3%
  • ゲストの全額自己負担:55.6%

ゲストに旅費を全額自己負担してもらった場合は、“ご祝儀を辞退“したり“一律数万円の現金を包む“など、相応の配慮を忘れずに。

ゲストの服装はどうしたらいい?

ハワイの正装「アロハシャツ」や「ムームー」がおすすめ。統一感もあり、リゾートウェディング気分を盛り上げます。

ほとんどの式場において厳密な決まりはありませんが、短パン・Tシャツ・サンダルはNG。アロハシャツを着用した際の足元も、サンダルではなく革靴やパンプスを着用してもらって。

ハワイ挙式でおすすめの挙式スタイルは?

ハワイには、ステンドグラスが美しい「教会」や、オーシャンビューが見事な「チャペル」、開放感あふれる「ガーデンウェディング」など、迷ってしまうほど素敵な式場がたくさん!

厳かで格調高い挙式なら教会を。息をのむほど美しいチャペルで、絶景を目の前に愛を誓うのも人気スタイル。また、ゲストと賑やかにウェディングを楽しみたいならガーデンウェディングがおすすめ。ウェディング手配会社によって提携している挙式会場が異なるので、お目当ての式場を取り扱っているか事前に確認して。

ハワイ挙式でおすすめの挙式オプションは?

挙式のオプションにはフラワーシャワーやビデオ撮影などたくさんの種類があります。
その中でもおすすめしたいのが、「フォトツアー」。国内では見られないハワイの見事なロケーションで花嫁姿を写真に収めて。花嫁のバックには、白い砂浜とエメラルドブルーの海、透きとおる青い空や、ダイヤモンドヘッドを。またハワイのフォトツアーでは、ビーチだけではなく広大な公園などナチュラルな木々もたくさん。

ハワイにはフォトジェニックなスポットだらけだから、フォトツアーのオプションはぜひ取り入れてみて!

挙式の前に入籍はしておくべき?

ハワイ挙式では現地の法にのっとって結婚する“リーガルウェディング”もありますが、ほとんどの会場が“ブレッシングウェディング“。挙式前に入籍していることが前提だから、ハワイへ出発するまでに入籍を済ませておいて。

ブレッシングウェディングは「結婚したふたりを神様に祝福してもらう」スタイル。“婚姻受理証”が必要な会場もあるので、手配会社に確認を。

ウェディングドレスはどうするの?

海外挙式の場合、ウェディングドレスなどの衣装はどうすればいいの…?と不安になる花嫁もいるでしょう。

でも大丈夫。ウェディングドレスは「国内で試着&レンタルして、現地に同じドレスを用意してもらう」か「自分で購入orレンタルしたドレスを持ち込む」「現地で直前にレンタル」のいずれかで用意しますが、ほとんどのウェディング会社が「国内で決めたドレスを現地に用意」してくれます。花嫁はドレスを持ち歩く必要がないため、荷物が少なくていいのも嬉しいポイントなんです。