ハワイの結婚式 カンペキガイド » ハワイ婚を成功させるための基礎知識 » ハワイで結婚式!参列するときの服装は?

ハワイで結婚式!参列するときの服装は?

仲の良い友人の結婚式でハワイに呼ばれた、または家族が結婚式をハワイで挙げるという時、まずはハワイの綺麗な海と白い教会でのウエディングが思い浮かぶのではないでしょうか。ハワイは日本とは気候も結婚式のスタイルやルールも少し違うので、服装ももちろん変わってきます。女性だけでなく男性も、そして家族や親族として参加する方も対象に、突然のハワイウエディングでも困らない服装選びについてまとめたのでご紹介します。

ハワイでの結婚式での服装~女性の参列者編~

ドレス

まずはハワイウエディングでの女性の服装について紹介します。ハワイの挙式でまずあがるのは、ハワイの正装ムームーです。ハワイらしい夏の色合いに、ハイビスカスなどのモチーフがあるものが一般的です。元々は西洋から伝わったドレス文化がハワイで独自に発展し、ハワイの住民に合わせてゆったりと着ることのできる形になったと言われています。常夏の島でもあるハワイの気候に合わせて風通しの良いシルエットとなっているのも特徴です。もちろん、日本人の体形に合った形のものも売っているので安心してください。ハワイに到着してからも購入できますが、女性のドレスフィッティングは時間がかかるもの。ハワイに到着してから挙式まで日数がない方は、日本で購入していくのが良いでしょう。

また、サマードレスもオススメです。一年中暖かいハワイでは、ノースリーブのドレスが多く見られます。但し、主役である花嫁より目立ってしまうような露出の多いデザインは避けましょう。夜になると涼しくなるので、羽織ることのできるスカーフなども準備するのが良いでしょう。

ハワイまで挙式に呼ばれるほどの間柄であれば、新婦のブライズメイドとして選ばれる方も多いのではないでしょうか。ブライズメイドドレスはデザインをお揃いのする場合もあれば、カラーを合わせる場合もあり、新婦次第です。他のブライズメイドと一緒に事前によく打ち合わせし、ドレスコードの指定がないか確認しましょう。

小物

ドレスが決まれば次は小物選びです。

靴はパンプスやミュールがオススメです。ビーチでの挙式の場合はヒールは履けませんし、教会などではサンダルでの立ち入りが禁じられているところも多いため注意が必要です。

バッグ

バッグは日本の挙式でもお馴染みのショルダーバッグやクラッチバッグが一般的です。夏を取り入れたドレスを選ぶのであれば、それに合わせた固すぎないバッグを選びましょう。

アクセサリー

アクセサリーは南国風の華やかなものがオススメです。花柄ドレスに合わせて、ハイビスカスデザインのものや海モチーフの貝殻のイヤリングなどは人気があります。髪型に合わせてヘアアクセサリーを選ぶのも良いでしょう。ハワイに到着してからでもショッピングモールなどで揃うので、今手元になくても心配は要りません。

ヘアスタイル

最後に気になるのはヘアスタイルです。基本的には日本の挙式と変わりませんが、ハワイの気候や挙式場所に合わせて変えるのが良いでしょう、年間を通して過ごしやすい気候ではありますが、日中は汗をかくこともあります。ビーチでの挙式が予定されている場合はアップにして、風が吹いて髪型が崩れないようにするのもオススメです。

まとめ

基本的には日本の夏の結婚式の時と大きく変わりませんが、せっかくなのでハワイならではのドレスやアクセサリーをまとうのがオススメです。事前に指定されたドレスコードがないかも忘れずに確認しましょう。

ハワイでの結婚式での服装~男性の参列者編~

シャツ/スーツ

男性で最も人気があるのはアロハシャツです。アロハシャツはハワイでは正装の1つとされており、種類も様々です。ズボンは白をはじめとした明るいチノパンやスラックスが良いでしょう。新郎新婦からのリクエストでドレスコードが決まっている場合もあるので、確認は忘れずに。

アロハシャツでない場合はスーツです。日本の挙式と違って明るい色を選びましょう。但し、白色のジャケットは新郎が着ることが多いので避けた方が良いでしょう。

靴は、カジュアル過ぎなければ何でもOKです。挙式スタイルに合わせる必要はありますが、デッキシューズや革靴などが一般的です。教会等で禁止されているサンダルは避けるのが良いでしょう。スーツに合わないスニーカーも避けるのが吉です。スーツの場合は、ハンカチ等の小物やポケットチーフにアロハ柄を選んでも良いでしょう。

まとめ

男性も基本的には日本の夏の結婚式と変わりませんが、アロハシャツという選択肢もあります。スーツを着る場合でも、できるだけ明るい色をチョイスするのが良いでしょう。

家族・親族の服装は?

家族や親族としてハワイウエディングに参加する場合についてです。女性の場合はムームーやドレスが人気なのは変わりません。男性の場合は、アロハを選ぶことが多いです。

家族で色やモチーフを統一したり、両家で合わせるというのも人気があります。新郎新婦に希望を聞いておくのが良いでしょう。両家とも違ったスタイルの服装をしてしまうと、見ている側からも違和感に気づいてしまうものです。できるだけ統一感のある服装が望ましいでしょう。

新郎新婦とその家族がハワイ風のスタイルを率先して取り入れた服装をすることで、結婚式の雰囲気も明るく和やかになりますし、わざわざ日本から来てくれる方もリラックスして参加することができます。事前に家族や親族の着る服装を参加者に伝えておくことで、その他の参加者の服装選びの手助けにもなるでしょう。

結婚式当日に向けて色々とやらなくてはいけないことの多い新郎新婦に代わって、家族・親族が決まった服装のテーマを参加者に連絡してあげると良いかもしれません。

衣装は購入とレンタルどっちがいい?

着たい衣装が決まったら次はそれをどこで手に入れるかが重要なポイントです。特に女性の場合は、事前にサイズや色合いを確認し、自分に似合うかどうかや結婚式のイメージに合うかどうかを確かめたいという方も多いのではないでしょうか。

そんな時は、事前に購入することをオススメします。スーツケースで運ぶことになると思いますので、シワや汚れが出てしまわないかが気になるところ。ハワイのホテルはアイロンが用意されているところも多いので、ハワイに着いてから綺麗にしましょう。部屋に用意されていなくても、ロビーやフロントで聞けば貸してくれるところもあります。アロハシャツやムームーの取り扱いをしている店は少ないので、通販サイトで購入するのが良いでしょう。

他に持っていく荷物が多く、かさばるのが嫌な方はレンタルするのも可能です。ハワイの場合は、日本人スタッフのいる店も多いので大抵の場合は日本語でOKです。サイズやカラーのバリテーションには限りがあるので、日本を出る前に予約しておくのが良いでしょう。友人や家族とお揃いにしたい場合は事前に予約が必須です。

服装選びに迷うなら新郎新婦に希望を聞いてみる

ここまで服装についてのオススメを紹介してきましたが、迷うようだったら新郎新婦に希望を聞いてみるのが一番です。

結婚式は両家の結婚ではあるものの、やはり新郎新婦が主役です。そんな2人のイメージにあった最高の結婚式にしてあげるためにも2人の希望を聞き出しましょう。新郎新婦が事前にドレスコードを決めている場合もありますし、決まっていなくても「なんとなくこういう感じの式がしたい」というイメージは持っているものです。

新郎新婦は結婚式に向けて非常に多くのことを決めないといけないので、率先して新郎新婦に希望を聞いて動いてあげるのが良いでしょう。大抵の人にとってハワイでの結婚式に参加する機会は多くありません。服装を間違って貴重な機会を楽しめないということがないようにして下さいね。