ハワイの結婚式 カンペキガイド » ハワイ婚を成功させるための基礎知識 » 当日までの段取りスケジュール » 参列できなかったみんなに感謝と報告を。
帰国後パーティー

参列できなかったみんなに感謝と報告を。
帰国後パーティー

ハワイ挙式をおこなったカップルの多くが帰国後にパーティーを開き、参列できなかった親戚や友人、知人に結婚の報告をしています。

ここでは、帰国後パーティー準備のダンドリを紹介!幸せな花嫁姿をお披露目し、みんなに感謝の気持ちを伝えて。

【挙式6ヶ月前】挙式準備と並行してすすめておこう!

帰国後パーティーは、挙式後1~2ヵ月経ったころに予定するのがおすすめ。

帰国後すぐに設定してしまうと準備にバタバタしたり、コンディションを整えるのが難しいことも。

たとえば6月にハワイ挙式をおこなったら8月ころに帰国後パーティーをおこない、準備は2月ころから始めるのがベター。

帰国後パーティーの準備は挙式準備と並行して進めるようにしましょう。

パーティースタイルや会場、招待するゲストを決めよう

まず決めるべきは、誰をゲストとして呼ぶのか、どんなパーティースタイルでおこなうのか、どの会場にするかです。

招待客は下記のように、自由に決められます。

多くのカップルはハワイ挙式に家族のみを招待し、帰国後パーティーでは友人や知人、恩人、親戚など“挙式には招待できなかったけれど結婚を報告したい人”をゲストにしているよう。

招待するゲストや人数によってパーティースタイルや会場も選ぶ必要があるため、まずは「誰を招待したいか」から決めると良いでしょう。

どんなパーティースタイルがあるの?

帰国後パーティにはさまざまな種類があり、なかでも人気なのが「1.5次会スタイル」。披露宴ほどのフォーマルさはなく、2次会ほどのカジュアルさもないほど良さが人気の理由だそうです。

1.5次会ではビュッフェスタイルのお食事でおもてなしすることもでき、ゲストにとっても参加しやすいのも魅力です。

また、親しい友人だけを招いた「2次会スタイル」も人気。ごく親しい友人のみを招待するためワイワイ騒ぐこともできますね。

そのほか、ハワイ挙式を新郎新婦だけでおこなった場合、家族や親族への報告の場として「お食事会」を開くケースも。

いっそのこと友人や知人も招待し、大々的に「披露宴」をおこなうカップルもいるようです。

会費制?ご祝儀制?

帰国後パーティーは会費制・ご祝儀制どちらのケースも一般的ですが、パーティースタイルに合った方を選択するのが好ましいでしょう。

たとえば「着席+ビュッフェ」「立食+ビュッフェ」なら会費制を、ご祝儀制にしたいのなら「着席+フルコース」にするのがマナー。会費制の場合は“お料理の内容=会費額”と考え、設定する会費に合ったお料理でおもてなししましょう。

また、招待するゲストによっても異なり、親族などが中心のフォーマルなパーティーでは「着席+フルコース」のご祝儀制、友人が中心の場合は「着席(または半立食)+ビュッフェ」の会費制などがおすすめ。

ゲストによってパーティースタイルを決め、それに準じて会費制orご祝儀制を選びましょう。

帰国後パーティーをおこなったカップルの多くは「着席+ビュッフェ」の会費制にしていることが多いようです。

【挙式3ヵ月前】衣装の準備や演出・料理の検討

会場やパーティースタイル、招待したいゲストが決まったら、衣装の準備に取りかかって。ドレスは“帰国後パーティー用にレンタル”するほか“持ち込み”も可能。

また“挙式プロデュース会社にパーティーも依頼し、挙式と同じドレスや別のドレスをレンタルする”こともできる場合も。挙式と同じドレスでゲストにお披露目したり、別のドレスでイメージチェンジを楽しむこともできますね。

また、この時期にはパーティーの演出やお料理の内容を考え始めましょう。

もしもゲストに余興をお願いしたい場合は早めに相談を。この時期に演出や料理、衣装などを決めておけば、挙式1ヵ月前には細かなことを決めるだけで済みます。

【挙式1ヵ月前】招待状の送付、打ち合わせ

挙式1ヵ月前には招待状の送付をしておきましょう。

また、ヘアメイクの打ち合わせや受付・余興などの打ち合わせもしておいて。挙式を目前に控え、ドキドキとワクワクでいっぱいなものの、体は疲れがち。

挙式の最終準備にバタバタすることもあるため、帰国後パーティーの準備は早めに済ませておきましょう。

【挙式後1~3週間】当日の演出や手配するアイテムの最終決定

挙式を終え帰国したら、ゲストの人数を決定して演出やBGMの決定、タイムスケジュールも決定しておきましょう。

パーティーのためにコンディションを再度整えたい花嫁は、ブライダルエステに行くのもおすすめ。

【挙式後1ヶ月】パーティーまでラストスパート! 最終チェックは抜かりなく

帰国後パーティーまであと1ヵ月!最終チェックでは、司会者との打ち合わせや進行の確認、余興をお願いするのであればその打ち合わせもおこないます。

会場の装飾やプチギフトとして手作りアイテムを考えている方は、早めの完成を目指して。

【挙式後1~2ヶ月】帰国後パーティー本番当日♪

長い準備を経て、ついに帰国後パーティー本番!当日は心から楽しみ、最高に美しい笑顔でゲストのおもてなしを。

おすすめのパーティー会場一覧

都内にあるおすすめのパーティー会場を紹介します。挙式とはまた違った雰囲気を楽しんでみるのもおすすめです。

ひらまつ(メゾン ポール・ボキューズ)

ひらまつ(メゾン ポール・ボキューズ)
引用元HP:ひらまつ(メゾン ポール・ボキューズ)
https://www.hiramatsurestaurant.jp/party/search.html#paulbocuse-maison

「ひらまつ」が運営するパーティー会場の一つ「メゾン ポール・ボキューズ」では、シャンデリアが煌めくサロンやティファニーのステンドグラスが美しい個室など、収容できる人数に合わせて選べます。

上質でセンスのいいインテリアがおもてなしにぴったり。

BALCONY RESTAURANT&BAR(バルコニーレストラン アンド バー)

バルコニーレストラン アンド バー
引用元HP:バルコニーレストラン アンド バー
https://www.balcony-rb.com/wedding/photo/photo_option.html

緑が美しいテラスのあるレストラン。オープンキッチンもあり、開放的で臨場感のあるパーティーが楽しい!

Le chic unjour(ラシック アンジュール)

ラシック アンジュール
引用元HP:ラシック アンジュール
https://le-chic-unjour.com/facility

銀座駅から徒歩3分というアクセスの良さが嬉しいゲストハウス。飾りすぎない上質な空間がゲストを選びません。

Baru&Bistro*musiQ “mood board” (ムードボード)

ムードボード
引用元HP:ムードボード
https://moodboard.owst.jp/

シャンデリアが輝くラグジュアリーな空間が大人の雰囲気。フォトジェニックな一枚も叶う非日常空間にうっとり。

帰国前にやることまとめ