ハワイの結婚式 カンペキガイド » ハワイウェディングのプロデュース会社をまわってみました! » ファーストウエディング

ファーストウエディング

ファーストウエディング 渋谷本店に行ってきました

ファーストウエディングは、ハワイにある教会式ウェディングのプランが豊富で、現地でのサポートも充実しているハワイ専門のプロデュース会社。一組一組オーダーメイドで作ってくれるウェディングプランが魅力で、とことんこだわりたい欲張りな花嫁さんたちに支持されています。 そんなファーストウエディングがどんなハワイウェディングを提案してくれるのかを知るべく、お店に行ってお話を聞きに行ってきました!

見積結果をすぐ見る

ファーストウエディングはこんな手配会社

ハワイのリゾート挙式を扱うプロデュース会社。渋谷、大阪に国内サロンがあります。セント・アンドリュース大聖堂をはじめ歴史あるハワイの教会プランを数多く扱っています。 また、30ヶ所から選べる充実のフォトツアーも魅力の一つです。

行ったお店はこちら

※来店予約が必要です

JR山手線「渋谷駅」東口より徒歩5分、東京メトロ銀座線・半蔵門線「渋谷駅」12番出口より徒歩3分。クロスタワーの2階にあるお店です。
お店の最寄り駅であるJR山手線「渋谷駅」へ、予約時間の15分前に駅に着く電車に乗ってきました。東口を出て歩道橋を登り、クロスタワーを目指します。 この日はあいにくの雨途中まで屋根が付いている道で雨を防げたので、ストレスを感じることなく向かうことができました。

1.店内の雰囲気・案内について

地上からクロスタワーに入りエスカレーターのところまで進むと、ファーストウエディングがあります。ガラス張りになっているので表からは店内が見えますが、相談や打ち合わせ、手続きをしたりする席はスモークが貼られていて、外からは見えないつくりとなっています。

ファーストウエディング 店内入り口
ファーストウエディング 店内入り口

お店の扉は開放されていて、タキシードとウェディングドレスが飾られていました。 カウンターにいるお店の人に「予約した●●です」とつたえると、奥のボックス席に案内されました。 店内は明るく広々したナチュラルモダンな空間。ところどころグリーンと黒い額縁のフォトが飾られていて、洗練された大人な雰囲気のお店でした。

渋谷という土地柄ですが、平日の夕方だったこともあり、お客さんは私と一組のカップルだけ。お話を聞くと、30代ぐらいの方が多く、カップルで来られる方もいれば、私のように新婦一人で来られる方や男性一人で来られる方もいらっしゃるそう。他のお客さんにお話が聞こえないよう、もう一組のカップルとは離れた席に案内されました。プライバシーが守られている空間で相談できるのはありがたいですね。

2.カウンセリング

私が案内されたのは、一番奥のテーブル席。椅子が3つずつ並んでいて、テーブルは広め。「お飲み物をお選びください」と言ってくださったので、私はお茶をオーダー。飲み物は、コーヒーとお茶から選べます。

2-1.書類・カウンセリングシートを記入

カウンセリングの前に、自分たちの情報を記入する書類と、海外挙式に関するアンケート2枚を記入します。

アンケート

※新婦・新郎いずれも分かる範囲での回答でOK

ハワイウェディングに関する希望

  1. 挙式時期
  2. 検討している会場(複数回答可)
  3. 検討している内容(挙式のみ・挙式とパーティー・挙式と旅行・撮影のみ)
  4. 参列者の予定人数
  5. 予算
  6. こだわりポイント(複数回答可)
  7. その他、不明点や質問など
  8. 分かる範囲での回答でOK

その他、検討中の式場に一番近いイメージ写真や、帰国後パーティーの予定の有無、ファーストウエディングを知ったきっかけ等の質問がありました。

アンケートの所要時間は15分程度。ほとんどは分かっている項目だったので、すらすら答えることができました。

私は式場のイメージやファーストウエディングでできる挙式やパーティー、フォトのことも詳しく教えてもらったうえで、プランを作ってもらうつもりでした。私の希望はこのような感じです。

ハワイウェディングの希望・条件

見積結果はこちら

2-2.カウンセリング

お店に入ってから15分後、プランナーさんがいらっしゃいました。プランナーさんは30代半ばの笑顔が素敵な女性。ここから式場・現地パーティー・フォトツアーのイメージを固めていきます。 この日は下記の流れで、ウェディングプランを組んでもらいました。

ファーストウエディング 店内の雰囲気
ファーストウエディング 店内の雰囲気
  • カウンセリング・式場選び
  • 挙式プランの紹介
  • パーティー会場の紹介
  • フォトツアー・ムービーの紹介
  • ウェディングプランの提案
  • 見積
  • 式場の確保

3.海外挙式の相談

3-1.会場について

私が出した希望は、広くて豪華な教会(ステンドグラスがあったら尚良し)であること。

プランナーさんは、私が書いたアンケートの内容を見て、「ステンドグラスがキレイな式場がご希望なのですね」とおっしゃり、セント・アンドリュース大聖堂やモアナルアコミュニティ教会のお写真をカタログやiPadで見せてくれました。

セント・アンドリュース大聖堂

セント・アンドリュース大聖堂
引用元HP:アルタークリエーションズ
http://www.alter-creations.com/location/01_03.html

ハワイ王室が、100年近くの歳月をかけて建てた由緒ある教会。長さ47mに及ぶバージンロードに、壁一面に煌めくステンドグラスから差し込む幻想的な光が、花嫁をより美しく輝かせます。

モアナルアコミュニティ教会

モアナルア・コミュニティ教会
引用元HP:ハワイ ウェディング@ホーム
https://hawaiiweddingathome.com/ceremony-sites/church/moanalua-community-church/

大きな三角屋根が目を引くスタイリッシュな教会。入口の壁に敷き詰められたステンドグラスの美しさは圧巻!

ファーストウエディングでは、カタログはもちろん、HPやゼクシィに乗せていない実際に挙式した方のお写真や動画で見せてもらえました。バージンロードを歩くシーンや、家族が涙ぐむシーン、誓いのキスのシーンを、自分に置き換え、「私がここで式を挙げたらこんな感じなんだろうな~♡」と妄想していると、不思議と胸が熱くなりますね。挙式の流れや家族の装いなど、静止画では分かりづらいリアルな会場の雰囲気や、挙式当日の様子を見ることができました。

前々から気になっていたセント・アンドリュース大聖堂について聞いてみると、 時間帯によってステンドグラスの光の色が変わるようになっていて、11:00の回はブルーの光が強い時間帯。15:00~16:00はオレンジの光が強く、一番人気の時間帯なのだとか。時間によって差し込む光の表情が変わるのは知っていましたが、細かい時間帯と色合いは初めて聞きました。こんなに詳しく現地のことを知っているなんて、スゴイ!

セント・アンドリュース大聖堂は、ステンドグラスのある入口側、荘厳な雰囲気の祭壇側、重厚感のある大きな扉、ヨーロッパのお城のような外観など、撮影スポットとしても映えることから、ハワイウェディングのテッパンともいえる挙式会場なのだとか。軽井沢高原教会のような三角屋根の建物が素敵なモアナルアコミュニティ教会も少し気になりましたが、いろんな雰囲気を楽しめるセント・アンドリュース大聖堂がやっぱり素敵。 ここの式場で挙式した場合の見積もりを取ってもらうことにしました。

3-2.会食パーティーについて

ワタベウェディングのお店に行った時は、オアフ島ではガーデンウェディングでない限り屋外の会場を貸し切ってのパーティーは扱っていないとのことでしたが、ファーストウエディングには、屋外の会場を貸し切ったパーティーを実現できるとのお話が!どんな会場を紹介してくれるのかしらとワクワクしながら、海が見えるところでホテルから近い場所で探してもらいました。

ハレクラニ オーキッズ

ハレクラニ オーキッズ_庭
引用元HP:ハレクラニ
https://www.halekulani.jp/restaurant/

海が見えるハワイらしいロケーション。しかも5つ星ホテルのレストラン!ワタベウェディングでも、ここのレストランを紹介してもらいました。

オーシャンスイートワイキキ

オーシャンスイートワイキキ
引用元HP:オーシャンスイートワイキキ
https://www.osw-hawaii.com/

ワイキキの中心地にあるホテルのペントハウス。27・28階を貸し切れる完全プライベート空間。ワイキキの海を一望でき、毎週金曜日の夜にはワイキキの花火も見られる絶景ロケーション!

スイート2110~モアナサーフライダー~

スイート2110~モアナサーフライダー~
引用元HP:モアナサーフライダー
https://www.moanasurfrider.jp/penthousesuite.htm

人気ホテルの最上階にあるスイートルームを貸し切ってのウェディングパーティー。目の前にワイキキの海が広がり、左手にダイヤモンドヘッドが望める、最高のロケーションでのパーティーが叶います。ここからもワイキキの花火を鑑賞でき、近距離から見る圧巻の花火は感動モノ!とのこと。

海を見下ろす景色と、金曜日の花火が楽しめるオーシャンスイートワイキキにかなり心惹かれましたが、目の前に広がるビーチを眺めながら食事を楽しみたいという想いと、あこがれの5つ星ホテル「ハレクラニ」のレストランで食事をしてみたいという想いから、私はオーキッズでお願いしました。

3-3.フォトツアーについて

ワイマナロビーチ

ワイマナロビーチ
引用元HP:ファーストウエディング
https://www.first-wedding.net/memory/original-beach.html

全米No.1(※)ともいわれる海の美しさが魅力のワイマナロビーチ。白い砂浜とエメラルドブルーの海は、一見の価値あり!

※Dr. Beach names top 10 U.S. beaches for 2015より(https://edition.cnn.com/travel/article/dr-beach-top-10-us-beaches-2015-feat/index.html)

サンセットフォト

ファーストウエディング サンセットフォト
引用元HP:ファーストウエディング
https://www.first-wedding.net/memory/dearest.html

カイムキミニパークでのサンセットフォトプラン。カイムキの街並みからカハラ、ダイヤモンドヘッド、ワイキキ、タンタラスの丘まで360°の絶景パノラマを楽しめるスポット

全米No.1ビーチに輝いたワイマナロビーチとカイムキミニパークでのサンセットでツアーを組んでもらいました。カイムキミニパークでは、サンセットショットはもちろん、日没時にハワイの夜景をバックにしたショットが撮れるなど、1つのフォトツアーで2つのシチュエーションを撮影できるなんて、得したキブン♪

4.見積

挙式、ビーチフォト、会食パーティー(ランチ)を組み合わせたプランの見積もりを出してもらいました。

見積もり金額

156万9,460円

7万円ちょっとの予算オーバーでしたが、憧れの教会挙式に加え、セレモニー・ビーチ・サンセット・夜景、4つのロケーションフォトや高級ホテルのランチでのおもてなし、ショット数たっぷりのフォトツアーとてんこ盛りプランでこのお値段は、きわめて妥当だと思いました。

5.まとめ

ファーストウエディングでいただいたパンフ・冊子
ファーストウエディングでいただいたパンフ・冊子

見積は概算ではなく、リアルに近い費用を出してくれる

申し込みから案内、カウンセリング、見積もりまでの流れがとてもシンプルで分かりやすい印象です。

所要時間は2時間といったところでしょうか。イチから教えてもらえる、というよりも、こちらの「やりたい!」をたくさん聞いてもらって、自分にピッタリの会場やプランを組み合わせて提案してくれるお店でした。

お見積は予算より少しオーバーしてしまいましたが、概算ではなく実際の費用にかなり近いお値段との事だったので、前向きに検討したいなって思いました。 ちなみに、今回選んだセント・アンドリュース大聖堂の仮予約は可能で、1週間までなら無料でキープしてくださるそうですよ。 (仮予約ができない一部の挙式会場もあるので、事前に確認するのをお勧めします)

やりたいことをたくさん叶える濃厚プランを予算内で実現♡

挙式をするベストな時間帯を式場ごとに教えてくれたり、こちらのイメージするロケーションにピッタリのパーティー会場を紹介してくれたり、30もの撮影スポットの中からフォトツアーを組み合わせてくれたり。プランナーさんは現地の細かいところを詳しく知っていて、さすがハワイ専門のプロデュース会社!という印象を受けました。 自分のやりたいことを詰め込んだプランを、予算に近い金額で組んでくれたのは、すごく嬉しい♪

自分がやりたいことが決まっている方はもちろん、やりたいことがたくさんあるけど絞り切れずにいる花嫁さんにもおすすめのプロデュース会社です。

来店予約してみる

6.ファーストウエディングの来店予約方法

ファーストウエディングのサイトから来店予約をします。
Webで来店申込みをした翌日に、ファーストウエディングの方から予約内容の確認の電話がありました。メールには下記の内容に関するアンケートが。項目はシンプルで、すぐに答えられる内容ばかりでした。

電話で聞かれたこと

当日は新婦1人で来店すると伝えたところ、新婦だけで来られることはよくあることらしく、全然問題ないとのことでした。カップルに囲まれたら浮いてしまうかな…と少し思ったので、ちょっと安心しました。

上記の内容は決まっている範囲で構わないとの事でしたので、何も決まっていないけどやりたいことはイメージできている方も気軽に相談できそうです。